腹筋器具を使わない、腹筋の鍛え方

腹筋を鍛える方法は様々。腹筋用の器具もたくさんありますよね。でも、どうせならお金なんてかけずに、腹筋を強化しませんか?腹筋は鍛え方次第で、腹筋用の器具に頼らなくても、十分鍛えることができます。


まず、下腹部の腹筋トレーニング。仰向けに寝て両膝を抱えます。そのまま膝をゆっくり胸へと引き寄せ、ゆっくりと元に戻します。下腹部を意識しつつ5〜10セット。また、立つ時、座る時に姿勢を意識して伸ばし、腹筋を緊張させるだけでもかなり違います。


上腹部の腹筋トレーニングは、仰向けに寝て両膝を立てます。両手を上腹部に置き、あごを引いて背中を丸めるような感じで、上半身を床から少し浮く程度に起こします。これを5〜10セット。完全に上半身を起こすと、他の部分の筋肉に負担となるので気を付けましょう。


そしてくびれを生むわき腹のトレーニング。椅子に浅くかけ、足を肩幅ぐらいに開きます。手を肩の高さにあげ、上半身をゆっくりひねり4秒静止。また4秒かけて元に戻ります。これを左右繰り返して5〜10セット。腰痛解消にも効果ありです。


腹筋を鍛えるといっても、そのために腹筋にハードなトレーニングは必要ありません。腹筋を意識し、必要な形で負荷をかけてあげれば、十分に腹筋を鍛えることになるのです。


最後には、継続はチカラなり!です。正しい腹筋の鍛え方を毎日実践して、男性は引き締まった腹筋を、女性はくびれのあるウエストを手に入れましょう♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。