腹筋を鍛えるときに気を付けて欲しいこと

腹筋を鍛えるのは、健康維持の面からもダイエットの面からも、非常にいいことです。手軽に出来る腹筋のトレーニング、ですが腰痛持ちの人はちょっと気を付けて、それなりの腹筋の鍛え方をしなくてはいけません。


腰痛持ちの人がいわゆる普通の腹筋(仰向けに寝て上体を起こす方法)をやると、腰に負担がかかり、腰痛が更に悪化する危険性が。腰痛持ちには腰痛持ちの、正しい腹筋のやり方があるのです。


まず、腰の下に手を入れ片足だけ膝を曲げます。上体を起こすときは首を曲げないようにし、胸を天井へ近づけるようなイメージで起こしていきます。こうするだけでも、腰への負担が随分と少ない腹筋を実践することができます。


ちなみに一番いい腹筋を鍛える方法としては、専門のインストラクターにつくこと。もしくはEMSの利用です。腹筋を鍛えるのにお金をかけるのはちょっと…と思うかもしれませんが、無茶な腹筋トレーニングで腰痛が悪化して治療したんじゃ、結局お金がかかりますからね。


なお、腹筋のトレーニングをするとしばしば筋肉痛になりますよね。その筋肉痛が治るときが新しい腹筋の誕生の瞬間です!筋肉痛は辛いけれど、「今、腹筋が成長していってる!」と実感しつつ、前向きに腹筋のトレーニングに励みましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50935044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。